5年前のこと

今日から6月

5年前の今日、6月1日に夫が大腸がん(直腸癌)の手術を受けてから5年が経ちました。
晴れて6年目に突入。やっと完治の域に入りました

5年前、つぼね、1年間ブログをお休みしたことがありました。
実は再検の結果、癌であることが分かり、夫はもちろん、つぼねもそうとう落ち込みました。

まさか自分が(夫が)・・・
癌を告知されたらみんなそう思いますよね。

我が家もそうでした。
特に夫は、酒は飲まない、タバコも吸わない、ストレスは感じにくい(多分)食事はバランスよく、食材はできるだけ国産にこだわっていたし、癌の心配なんて全くしてなかった。

だからその時は『夫が癌なら世の中の人のほとんどが癌じゃなきゃおかしい』とさえ思いました。
言いがかりもいいところでしたね。

それでも、できるだけのことをしようと思い、セカンドオピニオンに選んだのが『がん研有明病院』 
ステージは3Bでした。
半年の抗がん剤治療、放射線治療、手術、そしてまた半年の抗がん剤。

幸い娘の家から1時間ほどで病院に行くことができたので、宿泊費、交通費、通院中の食費はかなり助かりました 

落ち込んでた気持ちも、治療が進むにつれて前向きになることができたし、今思えば娘の家から通ったことで、気分が紛れたのも大きかったかな。孫ちゃんたちもいたしね。

夫はいまだに排便障害に悩まされることもありますが、仕事も、大好きなテニスもできてるし、おととしは私の大好きなハワイ旅行にも行けたしね。

ほんと無事5年過ごせたことに  

おととし、5年前には夫のことを心配してくれた友人が、肺癌の発覚から1年半で亡くなってしまうと言う悲しいできごともあったから尚更です。

夫の場合、こうして無事に6年目迎えられたのはたくさんのラッキーが重なってなんです。
娘の家が「がん研有明病院」に近かったのもその1つです。

5年分の通院記録もそろそろ処分してもいいかな。

診察.jpeg

そんなこともあって、コロナが完全収束したわけじゃないけど、昨日は久しぶりに外飲み(夫の無事6年目は口実かな)
本当なら、2週間後はハワイだったんだから、久々の外飲み位いいよねー
場所は6丁の目の『梵天食堂』

159101532270892059806-thumbnail2[1].jpg  

image1.jpeg                     私がメガハイボール 夫がウーロン茶

P・S

小学校3年の孫ちゃんが作った『コロナ新聞』とっても良くできてるのでUPしますね。

新聞.jpeg